出会いのテクニック

セックスのテクニック

潮吹きとは

潮吹き 潮吹きとはオーガズムの最中に起こることが多く、実際に強い快感を伴うようです。しかし、女性によっては必ずしもオーガズムに達するものではありません。特に、潮を吹くことに対して女性に恐怖感や恥じらいがあり、抑えようとすると、オーガズムを感じることができなくなってしまうようです。その意味でも、オーガズムと潮吹きは関係があってもイコールではないと言われています。その液体の色は無色透明でさらさらとしていますが、たまに尿がが混じって多少黄色がかる場合もあるようです。
学術的にも、潮吹きについては諸説があり、尿とは別物という一応の結論はあるものの、本当のところはよくわからないようです。

潮吹きの方法

潮を吹かせるためには、まず女性に安心感を持ってもらわなくてはいけません。特に経験の浅い女性は、潮吹き自体に恐怖感や恥じらいを感じてしまい、安心して身をゆだねることができないからです。そのためにも、潮吹きだけを目的にした愛撫はせずに、流れのなかで自然に行えるようにしたいものです。

潮を吹かせる体勢は、女性をソファーなどに座らせ、やや斜めの状態でM字開脚させるのがベストです。90度でも180度でもなく、45度の体勢にするのが、筋肉の収縮が一番行いやすい体勢だからです。この状態で、まずは中指を挿入して、Gスポットを刺激します。最初はゆっくりと、刺激し膣内が濡れてくるまでまちます。ほどよく濡れてきたら、薬指も入れて段々激しくGスポットを刺激します。この時、指を動かすのではなく、指と手首を固定して、腕ごと動かすのがコツです。これで、腱鞘炎になるほど高速でGスポットを刺激すると、最初はヌチャヌチャだったものが、次第にビチャビチャになってきます。そして、手の動きに合わせて、無色透明の液体がビュっと飛び出します。これが潮吹きです。

この潮吹きは、女性の体調次第ではでないこともありますし、慣れないと痛がってしまいますので、とても出そうにないなと思ったら、女性のためにも早めに止めておいたほうがいいでしょう。