1. トップページ
  2. セックスのテクニック
  3. ペニスの挿入とピストン運動の仕方

出会いのテクニック

セックスのテクニック

挿入

女性を愛撫をして十分に濡らせたら、いよいよペニスの挿入です。女性によっては痛がる場合もあるし、そうでなくても勢いよく突っ込まれるとびっくりしてしまうので、ゆっくりと優しく挿入しましょう。

膣の角度と位置

経験の浅い男性は、ペニスを入れる角度がわかりづらいことがあります。
女性によって膣の位置や角度は、全く同じではありません。いわゆる上付き、下付きというものです。
文章では言い表しにくいのですが、膣口は意外と下の方、つまりお尻の穴の近くにあるので、ペニスを自分の手で持ち、床のほうにぐっと下げて、亀頭部分で入り口を探しながら挿入します。

ピストン運動の仕方

うまく挿入できたらはじめはゆっくりと動かします。
AVの知識しかないと、やたら激しく動かしているように思えますが、最初からそんなに激しく動かしては、女性が痛がりますし、第一男性も息切れしてしまいます。自分で早漏だとおもっている男性は、最初から激しいピストン運動をしているのではないでしょうか?

セックスはオナニーとは違います。
セックスは、「男性がやる」ものではなく、「2人でする」ものです。女性とリズムを合わせながら、ピストン運動をしましょう。ピストン運動のコツとしては、入れるときよりも、引く動作に意識を持っていく方が女性は感じやすいようです。最初にゆっくりと挿入したら、しだいに円をえがくように腰を動かしたり、浅く小刻みに出し入れしたりして、女性の感じやすいところを探っていきます。円を描くときは、ペニスを全て入れたまま、腰をぐっとおしつけるようにして、ペニスの根元でまわすようにするとうまくいきます。ペニスを根元まで入れて、かなり強い力でおしつけるだけでも、女性に深い快感を与えることができます。

男性はイキそうになると、刺激を弱めようとして動きを止めてしまいがちですが、これは女性の快感を冷めさせてしまうため、できるだけ常に動かし続けるべきです。すぐにイッてしまう男性は、ペニスを深く入れて押し付けるなど、亀頭部分に刺激を与えないようにすることで、ある程度早漏を防止できます。